若年層と高齢層、座骨神経痛を発症する原因は年令によって別れるケースが多いようです。
feed

年令によって異なる座骨神経痛の原因

座骨神経痛を引き起こす原因には様々なものがあります。

まず、若い人に多い原因としては、

腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群が挙げられます。

ヘルニアが原因の座骨神経痛は急激に発症するのが特徴で、

ヘルニアの大きさや位置によっては身体の左右両側に症状が見られる場合もあるものの、

一般的には身体の左右どちらかに症状が出現するケースが多いようです。

梨状筋症候群が原因のヘルニアは比較的ゆっくりと症状が現れます。

仕事や運動などで梨状筋間の坐骨神経が圧迫されると症状が悪化します。

次に、高齢者の場合の原因としては、

変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などが考えられます。

また、帯状疱疹や糖尿病などに座骨神経痛が誘発されるケースもあるようです。

座骨神経痛の症状はその日の体調や気分によっても変わります。

それゆえ、一概に原因を突き止めることも難しいと言われているため、

原因究明及び症状の改善にはかなりの時間を要する場合が多いようです。

坐骨神経痛・座骨神経痛・座骨神経痛を治したいときには

コメントは停止中です。